andante in Hong Kong

アクセスカウンタ

zoom RSS 学校のストリングス(弦楽団)コンサート

<<   作成日時 : 2011/12/11 15:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

冬休み前の恒例のストリングスコンサートが学校で催されました。
小学生、中学生、高校生が集まり美しい音色を奏でます。
普段、家でチェロの練習している次男の曲がバイオリン、ビオラ、ダブルベースも加わり
深みを増して大きなうねりを聴かせてくれます。全体像がわかり、なるほどこういう曲だったのかと
妙に納得します。

今年はAsiaFantasia と銘打って、アジア各地の曲が奏でられました。
日本、韓国、中国。。。たくさんの美しい旋律です。
普通は上が白、下が黒という装いですが、特例で今回のテーマのために、
アジアの民族衣装を持っている人は着用しても良いということで、何人かの民族衣装も目を
引きました。

画像


いったん学校が引けてスクールバスで帰ってきた次男に 大急ぎで用意していた早い夕食を
食べさせ、着替えが済んだら、途中で あと二人の子供も拾い、5時開始のリハーサルに送って
行きました。さて、本番は7時からなのです。この2時間はどうしていたかというと、この途中で拾った
SくんのママのMさんが 家より学校に近くて、「子供達をおろしたら、家でご飯とワインにしましょうよ」と
うれしい申し出をしてくれたので、車は学校に止めておき、タクシーで彼女の家に向かいました。
(クルマはここで動かすと、あとで止めるスペースがないと困るので、置いておくのが正解。
それにワインも飲むわけだし!)

さて、Mのお家で ストリングスをやっていないSくんの姉、妹、それにMさんのダンナサマもいるところに
私も混ぜてもらい、おいしいカネロニがメインの夕食を囲みました。我が家の二人の息子と この家の
3人兄弟のうち上二人が同い年なので、あれこれあれこれ 最近の子供関係のエピソードの交換が
続きます。ティーンエイジャーを持つ家庭は どこも似たようなことが起こっているものだと ちょっと
ホッとしたりしました。 
あっという間に コンサートに行かなければという時間になり、またワインを飲みながらの
話の続きは 次回に持ち越し。また学校に取って返します。

学期の終わりごろに開かれるコンサートのたびに、演奏の腕前もだんだん上達してきている
わけだなと実感します。
素敵な夕べでした。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学校のストリングス(弦楽団)コンサート andante in Hong Kong/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる